導入事例

町田薬師池公園の世界観を表現できる、
作業着でありながらスタイリッシュなユニフォーム

導入事例|株式会社富士植木

株式会社富士植木
[公園施設管理]

弊社は施工と管理運営が一体となって、1本の樹木から100haの森までみどりをつくり育てる、あらゆるサービスを提供しています。施工では、綿密な調査とともにきめ細やかなデザインで構想された“みどり”の空間を、私たちは与えられた条件の中で、全然にそして確実に斥候。管理運営では、“みどり“のストック効果を最大化する管理運営、そして新たに加わるニーズにも豊富な経験と技術力で柔軟に対応します。

町田薬師池公園のスタイリッシュな世界観を、
ユニフォームでも表現したかった

町田薬師池公園四季彩の杜西園のオープンにあたり、業務内容や施設全体の雰囲気に合ったユニフォームを導入したいと考えていました。

薬師池公園はその周辺施設との連携を強化し、町田を代表する拠点としてできました。緑豊かな自然空間に加え、地場食材を使った料理を提供するカフェや案内所・直売所・ラウンジ・体験工房なども併設する、スタイリッシュな施設です。そのため今までの作業着ではどうしても施設の雰囲気に合いませんでした。

「夢の国」ディズニーではないですけど、杜西園の世界観を表現できるユニフォームを探していたのですが、そう簡単には見つからず苦戦していました。

作業着でありながらもスタイリッシュなデザイン、
施設の雰囲気にマッチした

そもそも初めてお問い合わせしたときは、別の管理場所での導入を検討していたのですが、そちらでは結局見送りになってしまっていました。ですが「いつかWWSみたいなかっこいいユニフォームを導入したい!」とずっと心の中でWWSのことを想っていました(笑)。

町田薬師池公園四季彩の杜西園プロジェクトを推進すると決まった時、「ここしかない!」とWWSの導入を再提案しました。当プロジェクトに携わる人たちに実際に着てもらい、「ストレッチ性があり、毎日洗える機能性があるので、様々な業務内容にも対応できる」「施設のスタイリッシュな雰囲気にマッチするね」と良いお声を頂きトントン拍子に導入が決定しました。

スーツ・作業着のどちらかではできない業務もあったが、
WWSなら1着で全て対応できる

スタイリッシュだね!と言われます。スーツを着用した場合においては、作業時のストレッチ性や機能性が足りず、作業着を着用した場合においては、お客様対応時に清潔感やファッション性が足りず、状況に応じて服を着替える手間があったのですが、それが無くなったので最高です。また、施設全体の世界観に忠実に落とし込むことができ、信頼の持てるパークとして認識頂くことができました。

収納力を重視したモデルを採用、
杜西園の緑に映える明るいネイビーに

作業時には、タオル・手袋など色々な道具が必要になるので、ポケットが多く収納力のある「テーラードジャケット」を採用。また、パンツもスニーカーや長靴、足袋に合い、収納力の高い「ジョガーカーゴパンツ」を導入しました。

あらゆる場所に生命力あふれる"みどり"の空間を作る

富士植木の考える"みどり"とは、樹木だけを意味するのではなく、樹木のある空間やそこでの活動さえも含んでいます。社会の中で"みどり"はどんなチカラを発揮できるのか。これからの時代が求める"みどり"とはどのようなものか。さまざまな思いをめぐらし、あらゆる場所に生命力あふれる"みどり"の空間をつくります。

環境を改善するとともに、いままでよりもさらに生活に密着した"みどり"をつくる。富士植木は"みどり"を通して、様々な問題に取り組んでいきます。

PAGE TOP